CHECK

物の置き場所が欲しい!貸倉庫を活用したい人の役に立つ情報を一挙に公開

このサイトでは、単純に物の置き場所が欲しいと言う場合に気軽に利用できる、貸倉庫を活用したい人の役に立つ情報を一挙に公開しているのが特徴です。
自分の家に保管することができなかったり、もしくは普段は使用しないために場所塞ぎになっている物などを効果的に片付ける方法を紹介しています。
さらに、運搬する手間や置く物の重さに制限はあるのかといった基本的な部分も詳細に具体例を挙げて解説しており、実際に利用する際に困らないための情報をふんだんに掲載しているのが特徴です。

物の置き場所が欲しい!貸倉庫を活用したい人の役に立つ情報を一挙に公開

貸倉庫を利用する人の多くは、自分の家を効率的に利用したいと考えている人が少なくありません。
そのため、自分の家の物置と同じように利用することができるものであることが理想となっています。
置き場所に困っているとは言っても捨てられないものであり、さらには季節によって使い分けているといったものも多いためこれらを効率的に収納し必要な時に出し入れが出来るような貸倉庫が理想となります。
単に収納スペースの大きさだけではなく、移動のしやすさや様々な制限など、これらを事前に知っておくことで自分に適したものを選ぶことができるのがポイントです。

必要なスペースを計算して貸倉庫を選択

貸倉庫とは、荷物を保管できる収納スペースをレンタルできるサービス。
貸倉庫には、いつのまにか増えてしまう荷物を自宅以外に保管できるため、最近あちこちに増えている人気のサービスです。
大きく分けて屋内型と屋外型があり、必要なときに自分で荷物を出し入れできるところがほとんどです。
屋内型では、建物のフロアを細かく仕切って収納場所としたもの。
空調やセキュリティなどの設備が充実していて、デリケートな荷物の保管に最適。
0.5帖から8帖以上あるものまでサイズはさまざまで、ロッカータイプを用意しているところもあります。
屋外型では、コンテナタイプの収納場所です。
空調設備はない場合がほとんどで、アウトドア用品やDIY用品、工具などの収納に向いています。
車でコンテナの近くまで乗り付けられるので、大きな荷物の保管に便利です。
屋内型・屋外型ともに広くなればなるほど料金は異なるので、例えば納戸にしている部屋に詰め込んだ部屋を想定して契約するのも一つです。

出入口の広さは貸倉庫の利便性に直結

事業を行っている人であれば、商品の保管や製品製造などの面で貸倉庫を使用していることが多いと思います。
倉庫は、その使用状況にもよりますが一般的に車両の出し入れが容易に出来るほど利便性が高くなります。
例えば、進入口一つとっても、一歩通行の道路や時間で規制されている道路などは、使い勝手が悪く効率も悪いため敬遠されます。
また、搬入が頻繁に実施される貸倉庫などは出入口は広ければ広いほど使い勝手がよくなるものであり、近隣の道路などを勘案し決定することをおススメします。
道路に面した場所であっても出入口が狭小ですと交通量が多い場合、敷地に進入するのに危険な場所もありますので、現地をよく確認し物件の契約をすることが重要です。
過去、貸倉庫でのトラックの往来により近隣住民とのトラブルなどが頻繁に発生しているところは、狭小の場所が多いですが広い場所を確保できるのであれば事故になる確率は必然と少なくなるのは当然のことです。

貸倉庫で使える電気の容量もポイント

貸倉庫を契約するときには、写真や賃料だけで判断せずに実際に内見をしてみて周辺環境や設備なども確認してから決めた方がいいです。
ポイントは電気の容量で、例えば機械やフォークリフトなどを使う場合は動力がないと自己負担で工事をすることになります。
また、引いてあっても容量不足だと新たに増やすことになり、余計な負担がかかります。
次に床荷重は、1㎡の床が耐えられる重さのことでこれは構造で違い重量がある物を保管や扱う予定なら必ず確認が必要です。
温度と湿度も、どのように管理されているかが大事で、70%以上の湿度があるとカビが生えやすく商品や荷物を扱うときに適してないです。
意外に見落としやすいのが天井とシャッターの高さで、これは写真だとわかりにくくて荷物の大きさ・長さにより天井が低いと中へ置けない、入り口が狭いと出し入れの効率も悪くなります。
貸倉庫は周辺の環境も注意で、住宅が密集していると住民の苦情で使いにくいこともあるので、事前にインターネットで把握し道路の幅やアクセスの利便性なども調べておくとよいです。
事業をするときには雇用も必要になるので、交通の便利がいい場所なら採用の時にも有利になります。

貸倉庫内に移動を阻害する仕切りがないかチェック

貸倉庫の選び方では、まず利用目的を明確にしておき大きな荷物の保管を考えているなら、入り口が大きくて中も移動を阻害する仕切りがないかも重要です。
また、大切な商品を保管するならセキュリティ対策が整っている貸倉庫でないと防犯面で不安ですし、長期間の保存だと空調設備がある倉庫を選ぶ必要があります。
内見では入口の広さが重要で、小さい荷物ならそこまで気にしなくてもいいですが、大型の荷物を出し入れするなら広くないと入りません。
天井の高さ・広さも保管したい物の大きさにあっているかの判断も大事です。
中だけでなく搬入搬出する時に利用するトラックなどを前へ置けるか、長期保存では倉庫内の温度・湿度、フォークリフトを使うなら充電などができるかも確認したいポイントです。
周辺環境も、トラックが通れる道路が繋がっているか、荷物の出し入れで周辺の住民から苦情などが出ない場所かなども予め調べておいた方がいいです。
貸倉庫により収納出来ないものが決まっていることもあり、床荷重も違うので重さや量、どれくらいの期間保管するかなど考えておかないといけません。

貸倉庫に関する情報サイト
貸倉庫のお役立ち情報

このサイトでは、単純に物の置き場所が欲しいと言う場合に気軽に利用できる、貸倉庫を活用したい人の役に立つ情報を一挙に公開しているのが特徴です。
自分の家に保管することができなかったり、もしくは普段は使用しないために場所塞ぎになっている物などを効果的に片付ける方法を紹介しています。
さらに、運搬する手間や置く物の重さに制限はあるのかといった基本的な部分も詳細に具体例を挙げて解説しており、実際に利用する際に困らないための情報をふんだんに掲載しているのが特徴です。

Search